USMLE(アメリカ医師国家試験)Step1 260点超えした人たちの勉強法

USMLEの勉強を本格的に始めるに当たって、高得点を獲得した人たちの勉強法が英語で数多く公開されているので、勉強の息抜きに整理していく。(随時更新中)

ちなみにUSMLEの概要について、このブログに記載したが、260点超えはUSMLEを受ける日本人の中でも、毎年一人二人いるかどうかのレベルである。

① How I Scored 262 on the USMLE STEP 1 by Sean MS3の例

  • 以前は自身でまとめを作成していたが、それを作るのに平日を費やし復習できるのが週末になっていた。それを5回読むことで代替するなど、効率化してきた。
  • カレンダーを購入し、10時間〜12時間の勉強時間で、日毎の計画を立てた。
  • Pre-dedicatedとDedicatedの期間に分けて考える。

<Pre-dedicated期間>

  • 新しいことを学び理解する期間。ゆっくりでも確実に記載事項を理解することを重視する。
  • ① FAの1セクションにマーカーをつける、② SketchyVideoの該当箇所を視聴する、③該当するKaplanの問題を解く、の3ステップで進める。

<Dedicated期間>

  • 約2ヶ月前からスタート。学んだことをすぐ取り出せるようにする期間。
  • どのリソースをどんなペースで完璧にするかを決める必要がある。すなわち、目標達成のための計画を日ごとのスケジュールに落とすこと。一問何分で解くのか、1日何問解くのかまで決める。
  • 週6日10時間、朝8時から夜6時まで勉強した。2時間のUWorldの時間と1時間半FirstAidの時間で5つのピリオッドに分けて休憩をしっかり挟む。
  • UWorldとFAを2周行った。フェーズ1(1周目)では10ページを1時間のペース、3分で1問(1分で問題を解き、2分で見返す)。フェーズ2(2周目)では一度問題を解いている分、時間を短縮して進める。2.6分を1問。
  • 模擬試験を挟んだり、10時間の勉強後に SketchyVieoを倍速で見たりなどもした。

<利用した教材>

  • Uworld 2回 ・・・Dedicated studyのためにとっておいたほうが良い。
  • Kaplan QBank 2000問
  • USMLE Rx  1500問
  • Prometric 123問
  • UWorld Sim Exam  2つ
  • MBNE 5つ
  • CBSE 2つ
  • First Aid・・・必ずしも一言一句覚える必要はない。問題を解くことで FAの中の重要箇所を理解する。すなわち、問題集等で問われているところだけが覚える必要がある箇所である。QBankは、暗記をコミットする箇所を決めるためのガイドである。スペースに書き込みはせず、それよりも問題を解く時間を優先した。

<その他>

  • 問題文はいつも最後の文章から読み、先に問われていることを把握するようにした。
  • FAをアクティブリーディングしていくために、複数の色でマーキングしながら読み進めた。黄色が一番重要で絶対知らないといけあにこと、緑:上 hyperやDominatなど、ピンク・赤:Below。hypoやrecessiveなど。青:男性に関係するもの。X-Linkedなど。他。
  • SketchyVideo MicroとFarmは特におすすめ。イメージで記憶に定着させていく。
  • 友達と議論するときは時間の浪費にならないように、お互いにわからなかったところだけにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA