Caffeインストールでハマった箇所

Caffeインストールに結構苦労したので、今後のために整理。
基本的にはCaffeのサイトの指示通りに進めた。

前提

  • OS: macOS 10.13 High Sierra
  • Caffe: 1.?
  • Python: 2.7

ハマった箇所

・Pythonの環境設定。pyenvを使用していたが、systemデフォルトとbrewのpythonが共存し、パッケージの参照が錯誤していた。pyenvは便利だと思っていたが、この記事を読んで敢えてpyenvでバージョン管理する必要性はないと考え、brewに一本化した。

・brewの設定。

・.bash_profileの設定。上の余波で余計なパスが通っていたため削除。

・openCV = 3の設定を見逃していたため、opencv_imgcodecsがなくエラーになる状況が続いていた。パスの追加と3の設定によりクリア。

・boostとboost-pythonにおいて、.aのシンボリックリンクがないことで参照エラーが起きていた。boost@1.59、boost-python@1.59のインストールか、シンボリックリンクを新たに作ることでクリア。gitでの古いコードのcheckoutにより1.65を導入しようとしたが、boost-python@1.65で無効化された文法が使われており、python自体の動作がおかしくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA